デルモンテの野菜苗 育て方通信【ゴーヤ】追肥と受粉

2015/05/29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
育てるをはじめよう。デルモンテの野菜苗
育て方通信 【ゴーヤ】 <追肥と受粉>
https://delmonteagri.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
━━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 一番花が咲いたら、追肥をスタート!
2. きれいなカーテンを作るために。 
3. ゴーヤを確実に実らせるには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 一番花が咲いたら、追肥スタート!2~3週間に1回の割合で追肥をしよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

本葉が7~10枚位の状態で咲いた花は摘み取り、葉やつるの生長を優先させます。
その後、つるや葉が増えて、カーテンが少しずつできあがっていきます。
このタイミングで黄色い花が咲き始めたら、2~3週間に一度の割合で
追肥をしていきましょう。
 
追肥とは、種まきや苗の植え付けのあと、野菜の成長に応じて
与える肥料のことです。
何回かに分けて与えることで、肥料が効率よく吸収されます。
 
根の近くに一度に大量に肥料を与えると、速効性肥料(化成肥料の場合では多い)では
「肥料焼け」といって根が傷んでしまい、葉が萎れたり枯れたりすることがあるので
注意してください。
 
また、使用している培養土に含まれる肥料の量で追肥の時期や量は変わってきます。
弊社の「キッチンガーデン培養土 果菜用(肥料入り)」の場合、栽培期間中に必要な
肥料が含まれているので、基本的には追肥は不要です。
大きなカーテンを作ったり、長期間収穫をしたい場合は、様子を見ながら追肥を
してもよいでしょう。
 
葉の色が黄色くなったり、小さくなってきた場合も
肥料不足が疑われるので追肥をしてあげてくださいね。

 
プランターの場合は、水やり時に水の量が多すぎると、土の中の肥料も一緒に流れ出して
しまい、肥料切れがおきやすいので特にご注意を。
また、安価な培養土は肥料が少量しか含まれていないことが多いので、追肥をお忘れなく。
 
【2~3週間に1回のペース】を目安にあげていきましょう。
与える量や期間などは、購入した肥料の袋などに記載されていますので、
参考にしましょう。
 
弊社の「キッチンガーデン有機質入り肥料 トマト用」の使用法は
こちらです。※トマト用とありますが、野菜全般に使用できます。

 
ホームセンターなどではいろいろな種類の肥料が売っています。
収穫まで長くお付き合いする肥料です。
表示をよく見て、使いやすいものを選びましょう。
 
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. きれいなカーテンを作るために 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
本葉が7~8枚になった頃に親づるの先端を切る作業(摘心)は
おすみでしょうか。
摘心をすると、子づるがわきから出てきて葉やつるが増えてきます。
 

植え付け直後の様子です。
 

子づるがいくつも出てきて、上へ上へとのびています。
 

部屋の中からグリーンカーテンを見た様子です。
 
自然につるがネットに絡まり、上へ上へと広がっていきます。
左右どちらかに片寄って広がるようでしたら、優しく誘引しなおして
あげるのもよいでしょう。
 
ゴーヤの巻きひげは、必ず同じ方向に巻くそうです。
野菜の種類によって左巻き、右巻きかは異なるそうです。
おもしろいですね♪
 

巻きひげがネットにしっかり絡まっています。
 
下記の写真のようにつるがネットに絡まないで、前の方へと垂れてきたら、
ネットのほうに戻してあげましょう。

 
また、葉やつるが増えすぎて、非常に混みあってしまうと、風通しが悪くなって
病気になったりすることも。
特に下の方が、繁茂しすぎた場合は、適度に葉やつるを取り除いてあげましょう。
 

子づるがたくさん出てきた様子です。
 

元気のよい子づるを残して、混みあった部分の子づるは切り取ります。
 
窓の近くで育てている方は、網戸の位置にもご注意くださいね。
グリーンカーテンの後ろに網戸をひいたままにしておくと、
1~2日でもゴーヤのつるが網戸に絡みついてしまうことがあります。
開け閉めによって、せっかく伸びたつるを切ってしまうことになります。
 
また近くで他の野菜を育てている場合、いつのまにか巻きついていることもあります。

↑となりのトマトの葉にゴーヤが巻きついています。
 
気をつけてくださいね。
 
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. ゴーヤを確実に実らせるには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
ゴーヤの花をよく見ると、花の付け根の部分が膨らんでいる花(雌花)と
花の付け根が細い花(雄花)の2種類あるのがわかります。
 

雌花
 

雄花
 
雌花がやがてゴーヤとなっていきます。
 
ゴーヤは通常は昆虫などが授粉してくれるので、基本的には人工授粉をしなくても、
果実が次々とできます。
マンションの高層階などや、果実ができにくい場合は、
人工授粉をしてみるのもよいでしょう。
その際は雄花を摘み取って、そのおしべを、雌花のめしべにつけてください。
 
次回は、「暑さ対策、収穫に向けて」などをご紹介する予定です。
 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
▼ゴーヤの育て方の全般スケジュールはこちらから▼
https://delmonteagri.co.jp/grow/bittergourd
 
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:日本デルモンテアグリ株式会社
〒105-0003 東京都港区西新橋2-1-1
https://delmonteagri.co.jp/
Facebook公式アカウントはこちら
http://www.facebook.com/delmonteagri
本メールは、デルモンテの野菜苗メールマガジンサービスに登録いただいた
方にお送りしています。
万が一覚えのない場合は大変お手数をお掛けいたしますが、
お問合せフォームからご連絡いただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
(本メールは送信専用です。このままご返信いただいてもご回答できません)
 
■読者情報の変更、解除(配信停止)はこちら
https://delmonteagri.co.jp/newsletter
 
■お問い合わせフォームはこちら
https://delmonteagri.co.jp/inquiry
※電話での口頭による誤解・行き違いを防止するため、お問い合わせはこちらから
お願いしております。誠に恐れ入りますがご協力をお願い申し上げます。
© Nippon Del Monte Agri All right reserved.