少スペースでも手軽に栽培しやすいハーブ野菜の中でも人気の高い
バジル、パクチー、青しそ(大葉)を揃えました。
ケールは栄養価が高く健康に気を遣う方におすすめの野菜です。

スイートバジル【新発売】

トマトを使った料理、イタリアン等洋風料理に大変相性が良い

スイートバジル
スイートバジル

特長

夏~霜が降りる時期まで長い期間収穫できます。
トマトを使った料理、イタリアン等洋風料理に大変相性が良い
一番人気のハーブです。
※1ポットに2株入りです。

販売時期

4月中旬~7月上旬頃

育て方ポイント

(植え付け)
日当たりが良く保水性、保肥力のある畑が適します。 プランター栽培では株間30cm程度で植え付けます。
(管理)
摘心して側枝を出すと、コンパクトで柱状に育成し、葉をたくさん摘み取れます。 花は咲きにくい習性があります。
(収穫)
葉の大きさは中程度で、強くしっかりしたバジル香味があります。 霜が降るまで長期間収穫ができます。
(料理)
葉を摘み取ってパスタ、ピザなどの料理に使用できます。 ペーストにして、ジェノベーゼソースにすると本格的なイタリアン料理が楽しめます。 トマトとの相性がよく、タイ料理や台湾料理などにも合います。

アジアンパクチー【新発売】

エスニック料理をはじめ様々な料理に

アジアンパクチー

特長

エスニック料理をはじめ様々な料理に。
採れたてのフレッシュな味わいを楽しめます。
※1ポットに2株入りです。

販売時期

4月中旬~7月上旬頃

育て方ポイント

(植え付け)
遅霜の心配がなくなり暖かくたった頃、水はけのよい土に、 定植の2週間前までに石灰を入れ耕し、 肥料をよく混ぜ込み、株間20~30cm位で植え付けがます。 プランター栽培では苗2本に容量10ℓが目安です。 寒さには比較的強い一方、意外と夏の暑さには弱い植物です。 プランターの場合は日影に移動させたり、畑では寒冷紗をかけて育てます。
(収穫)
外葉から刈り取ってフレッシュな香りを楽しみます。 長く収穫したい場合は、花芽を見つけたらすぐに切り取ります。 普通の茎よりも太く、ニンジンのように細かい茎葉に花芽がつきます。 花が咲き実がなるとパクチーは枯れてしまいます。
(追肥)
葉の色が薄かったり黄色くなったときは、化成肥料を株元に施します。 窒素肥料を与えすぎると葉が茂りすぎとなり病害虫がつきやすくなるので、 防除を行います。

かおる青しそ【新発売】

爽やかな芳香と青々とした濃い葉色が特長の青しそです

かおる青しそ かおる青しそ

特長

爽やかな芳香と青々とした濃い葉色が特長の青しそです。
和風料理はもちろん洋風、トマト等の食材にも相性が良い
常に人気の葉物野菜です。(限定販売品)
※1ポットに2株入りです。

販売時期

4月中旬~7月上旬頃

育て方ポイント

(植え付け)
遅霜の心配がなくなり暖かくたった頃、日当たりと風通しのよい所で、 水はけのよい土に肥料をよく混ぜ込み、植え付けます。 プランター栽培では苗1本に容量5~10ℓが目安です。 日が当たりすぎてしまうと葉が硬くなります。半日陰で育てると葉が柔らかくなり、 香りや葉の色も良好になります。
(摘心)
葉が10枚以上、草丈が30cm程度になったら摘心します。 下から3~5節のわき芽は手で摘み取ります。
(収穫)
草丈が30cm程度になったら、下の葉から順番に収穫します。 収穫することにより、新芽が順々に展開し茎葉が育ちます。
(追肥)
葉が茂り収穫をはじめたら、2週間に1回程度、肥料を与えます。 窒素肥料を与えすぎると葉が茂り過ぎとなり病害虫がつきやすくなるので、 防除を行います。

スーパーケール【新発売】

ご家庭でも栽培できるケール

スーパーケール

特長

ご家庭でも栽培できるケール。
1株から何枚も収穫出来ます。ミキサー等で他の野菜と合わせ
スムージーやジュースにも。
※1ポットに2株入りです。

販売時期

4月中旬~7月上旬頃

育て方ポイント

(植え付け)
日当たりと風通しのよい所で、水はけのよい土に肥料をよく混ぜ込み、 植え付けます。プランター栽培では2株に容量20ℓ以上を目安に、 株間30cm程度で植え付けます。
(管理)
害虫被害を防ぐために、植え付け後すぐに防虫ネットで覆うと農薬を使わずに 栽培できます。寒さ対策にも役立ちます。
(追肥と土寄せ)
①植え付け後20~30日目頃②1~2回(5~6枚)収穫しあと③その後、 様子を見ながら月1回程度、追肥と土寄せ(株元に土を寄せ安定させる)をします。
(収穫)
葉が手のひら大のサイズになった時に、1回2~3枚ずつ収穫し、その後定期的に収穫します。 株は約50cm以上の高さになります。
(ワンポイント)
窒素過多になると菌核病、黒点病など病気が出やすくなるので、肥料のあげすぎに注意しましょう。

育て方を動画で紹介レシピ(キッコーマンサイトへ)